2019.09.12

BREWING FOR NATURE

Brewing for Nature

始まりは富士宮でラフティングツアーなどを手掛けるナチュラルアクション佐野さんの一声だった。
手入れの必要な森の現状を見て、自分たちで間伐した木材をビールに使ってみないか?
この一言により9月11日都内及び静岡のビール醸造士、環境問題に関心を寄せる合計23名が富士宮に集まった。

自然な状態ではない杉や檜の人工林は人間が手をかけてやらないと荒廃が進む。
森がバランスを崩せば川、海へと連鎖的に問題がひろがる。
それはもちろん動植物への生活にも影響を及ぼす。

ビール醸造士の自分たちになにができるか。
森の現状、そして本来そこにある豊かさを伝えるために間伐材を使ったビールづくりをして情報を発信をしようということになった。

当日は山に入り、自分たちの手で実際に間伐をし、それをビールに使用できるようにチップまで加工した。
イタダクは山の材料を使ってコーラ作ります!

11月9,10日にはナチュラルアクションさんにて、自然の豊かさを発信するためのキャンプイベントを開催することになりました。
情報は順次アップしていきます。間伐材を使ったビールの提供や自然と繋がるワークショップを開催予定です。

やるかやらないか。それだけが答え。

小さなことでも一歩を踏み出すことに価値がある。

各々違っても問題はどこにもない。

みんなで自然のことを考えよう。