イタダクは何をするのか

イタダクは和製ボタニカルで飲みものの新しい体験をつくる。ゆずや山椒を始め、日本には独自の個性を持った植物が存在する。それらを発酵や様々な抽出法と組み合わせ、飲み物の中に取り込む。

あらゆる「普通はこうする」の概念を壊し、心踊る香りの体験をあなたの生活に届ける。

What can ITADAKU do?

Japan has an array of unique botanicals, such as Yuzu, Sansho, pepper, and we will make a brand new beverage experience using these Japanese botanicals. Through brewing and extracting techniques, their aroma will be infused into beverages.

We will break down conservative ways of beverage making, and introduce special aroma experiences into your life.

イタダクは何をするのか

イタダクが考えていること

国産の植物を使用することで、日本人が日本の香りを再認識し、日本の農業の振興にも役立つことができれば幸いと考えている。

楽しく飲んでいたら、知らぬ間に誰かのためになっている。そんな飲みものにしたい。そうして「今日より少し良い明日を」みなさんが迎えられると信じています。

ITADAKU’s vision

To use Japanese ingredients for our beverages to help the development of domestic agriculture and allow Japanese to rediscover the aroma of Japan.

We just enjoy drinking. But isn't it cool to drink in a way that supports local farmers and local brewers?

イタダクが考えていること

代表紹介

1989年青森県生まれ。大学進学を機に静岡へ移住し、
在学中に料理・ビール醸造の世界にのめり込む。
卒業後は静岡県内のビール会社や都内の三ツ星日本料理店に勤務。
静岡市アオイブリューイングの醸造長を経て2019年春にイタダクを発足。

Born in Aomori 1989.
I moved to Shizuoka prefecture to study International Language and Culture in university.
As a student, I devoted my free time to cooking and brewing culture.
After graduating, I worked for a brewing company and a 3 Michelin star restaurant in Tokyo.
While working in AOI BREWING as a head brewer, I started ITADAKU in the spring of 2019.

イタダクが考えていること